豊国神社(とよくにじんじゃ)《重要文化財》国重要文化財で、 通称:千畳閣[せんじょうかく]とも言われます。
天正15年(1587年)、豊臣秀吉が戦で亡くなった者への供養として毎月一度千部経を読誦するため政僧・安国寺恵瓊に建立を命じた大経堂です。島内では最も大きな建物で、畳857枚分の広さがあることから千畳閣と呼ばれてきました。秀吉の急死によって工事が中止されたため、御神座の上以外は天井が張られておらず、板壁もない未完成のままの状態で現在に至っています。

参考サイト:宮島観光公式サイト